高血圧をしろう|適切な対応と自分でできる食生活の改善

和食

摂取したい栄養素

高血圧では塩分や脂分を摂りすぎないことが重要なのはご存じの方も多いかと思いますが、高血圧のさい積極的にとっていきたい栄養素についてもしり、理想的な体質のため食生活を改善しましょう。

食事

具体的な食改善やレシピ

高血圧対策に必要な栄養素について知っている方は、今度は具体的にどういうふうに食生活を改善していくかしっかり自分なりのプランをたてて、日々の健康な生活に繋げましょう。

高血圧ってなんだろう

弁当

現代の食生活では高血圧になる可能性が高いといわれて久しいですが、そもそも高血圧とはどういったものでしょうか、なるべく詳しく知ることで高血圧を未然に防いだり、高血圧になってしまった時に自分で適切な処置がとれるようにしましょう。
高血圧とは、安静にしているときの血圧が正常な人と比べて高くなってしまった状態をさします。ひとは体を動かしたり、寒いと感じたとき血圧が上昇しますが、こういった一時的なものではなく、慢性的に正常の値よりも高くなってしまったときに診断されます。高血圧になると血管が傷ついたり固くなったりしてしまい、動脈硬化や脳の血管が詰まるなど脳溢血などの症状が出てしまう可能性があるので非常に危険ですが、日頃の食習慣や生活スタイルを改善することで症状をかるくしたり未然に防いだりできます。しかし、血圧が高くなっても自分は大丈夫であると放っておいてしまうと、脳卒中や腎臓病などを引き起こす恐れがありますので、なるべく放置しないようにしましょう。とくに脳卒中は生命の危機や、健常者としての生活が脅かされる可能性があるため注意が必要です。
高血圧は実は自覚すること自体はそこまでむつかしいものではありません。なぜなら血圧測定などで数値がでるからです。身体に症状が出ていない場合も、数値が高くなっている時ははやめに専門医の指示を仰ぎましょう。専門医に相談すれば自分が今の生活で何を改善すればよいのかすぐにわかりますし、治療が必要だというときも判断がすぐにつきます。今は大丈夫などと思わず、健康な将来のためにも高血圧だという数値が出た場合は早めに対処しましょう。

和食

血圧を下げるための運動

高血圧の方や数値が高い方は、食生活の改善とともにできるだけ日々の運動も心がけてください。運動により血管の状態が健康にたもたれ、重大な疾病に繋がるリスクもさげられます。