高血圧をしろう|適切な対応と自分でできる食生活の改善

具体的な食改善やレシピ

食事

高血圧で摂取しては行けない栄養素や必要な栄養素はあるていどわかったかと思いますが、具体的に普段の食生活をどのようにすればいいのでしょうか。普段から心がけることで高血圧による疾病のリスクを減らすことが出来ます。
まず、なるべく自宅で作ったものを食べるのが良いでしょう。自宅で作ったものとくらべてレストランでの外食や、コンビニなどで買ったお弁当には味に迫力を出すために脂質や塩分が多く含まれていることがおおいです。自分家で作ったものなら塩分や脂質がどれくらい入っているのかもしっかり把握できますので、継続的な食改善を考えた場合はなるべく自炊をするようにしましょう。また、外食では自分が好きなものばかり食べてしまうため、体に必要な栄養素という観点からも偏ってしまいます。レシピや量を自分で工夫し、体にいい食事をしていきましょう。
それでは自炊する上でなるべく塩分や脂質を抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか。てがるにはじめられることとして、現在減塩などをうたった調味料などがたくさん発売されていますので、醤油やタレなどはなるべく減塩のタイプを選ぶようにしましょう。調味料をうまく調整することが減塩では必要不可欠です。自分にあった調味料を店頭やサイトで探してみましょう。また食後のコーヒーなども血圧を下げる効果がああるといわれており、高血圧の方には効果的です。食事のあとはなるべく利尿作用があるものをとり、塩分濃度をいっていに保つようにしましょう。ほかにも現在様々な高血圧のためのサプリメントや病人食なども考案されていますので、自分で作るものだけでは心配な方はそちらも試してみましょう。