高血圧をしろう|適切な対応と自分でできる食生活の改善

摂取したい栄養素

和食

高血圧を改善したりふせいだりするためにはどのような食生活を送ればよいのでしょうか。塩分や糖分を摂りすぎということはわかっていても、どういった栄養素をとればいいのか疑問に思う方もいるかもしれません。ここでは高血圧を予防するために不可欠な栄養素をいくつかあげていき、食の改善に勤めましょう。いつもの生活習慣があらわれている病気なので第一に見るべきポイントは食事だという意識を持ち、栄養が偏ることのないようこころがけましょう。
まず必要な栄養素にタンパク質があげられます。タンパク質というと肉などの高カロリー高塩分の食事を思い浮かべ、高血圧によくないと思うかもしれません。しかしタンパク質は人間の体を形成している非常に大事な栄養素で、血液や血管なども作っているので、血管の修復などのために必要です。肉などを摂りすぎると栄養過多になる可能性も高いので、大豆などの植物性のタンパク質や、魚などから良質なタンパク質をとるようにしましょう。
とりのささみやにぼしなどもおすすめです。
つぎにカリウムですカリウムには体の中の余分な塩分を正常値に戻す働きがありますので、不足させないことが重要です。カリウムがたりないと体は水分を多く取って塩分を排出しようとしますが、水分をたくさんとると血管の圧力も高まってしますので注意が必要です。バナナやアーモンドなど、カリウムが豊富な食材を定期的に摂りましょう。
カルシウムも高血圧対策には大事です。カルシウムには血圧を下げる働きがありますので、普段から魚などカルシウムがたくさん含まれている食事を心がけましょう。塩分や脂質をおさえ、かつ体に必要な栄養素をしっかりととることが高血圧改善の助けとなります。