高血圧をしろう|適切な対応と自分でできる食生活の改善

血圧を下げるための運動

和食

高血圧の方には適度な運動がとても重要です。高血圧の症状が軽い場合は運動で数値が大きく改善する場合もあります。どのような運動が高血圧にたいして効果的なのかをしり、日々の生活にとりいれましょう。
ではどうして運動が重要なのでしょうか。運動をすると心臓のポンプの役割が一時的に大きくなり、血流が増加します。規則正しし運動をすることで血圧の安定や、血管の柔軟性を保つことができるのです。短距離などのダッシュや筋トレは心臓への負荷が大きいので、なるべくウォーキングや水泳などの有酸素運動をするようにしましょう。無酸素運動は一時的に血圧がかなりあがってしまうので、これから運動をはじめようとするひとや、高血圧のひとにはリスクがたかいです。ウォーキングなどの有酸素運動であれば自分のペースや距離をつかみやすいし、血圧の上昇も比較的ゆっくりなので、高血圧を改善するために運動をはじめたいという方はかならず有酸素運動からにしましょう。有酸素運動は継続して行なうことでその効果が徐々にあらわれるものです。一回30分前後の運動を週に三回~五回、自分ができる範囲で習慣づけて日々健康に過ごしましょう。
自分で何をしていいのかわからないという方は、まず医者に相談してみましょう。医者であればその人の健康状態を的確に把握しているのでどれくらいやったほうがいいか、またひとによっては有酸素運動以前の運動からはじめたほうが良いなど適切にアドバイスをしてくれます。